2013年10月26日土曜日

お四国巡礼の旅 第5回のつづき

第33番 雪蹊寺(せっけいじ)

ご本尊は薬師如来。



第34番 種間寺(たねまじ)

ご本尊は薬師如来。


こちらは、本堂。


こちらは、子育観音。




ご本尊は安産の薬師として信仰され、妊婦は柄杓を持参して祈願する。

寺ではその柄杓の底を抜き、三日間ご本尊に祈祷して御札とともに返し、

それを妊婦は床の間に祭り、安産すれば柄杓を寺へ納めると言われている。


第35番 清滝寺(きよたきじ)

ご本尊は厄除薬師如来。


 こちらは、如来さんの土台の中。


真っ暗な通路の中を

下へ下へ(画像はフラッシュを付けたので明るいですが)


上へ上へ


ついたところは

祭壇でした。


第36番 青龍寺(しょうりゅうじ)

ご本尊は波切不動明王。


 山門をくぐって、

石段を登って、


 百五十段ほどの階段

本堂に到着。

本堂脇の不動明王様の前で。


初日の参拝はここで終了。

宿泊地に向かいます。

三陽荘

ここの別館安荘

ご覧のとおり大満足。




広々お部屋に


気になったのでアップ。

部屋風呂も温泉掛け流し。


夕食も満足。



こちら三陽荘さんには黄金大師像がありまして、

1つだけ願いを叶えてくれるということなので、

ミキちゃんの大学入試をお願いしてきました。



 大浴場に行く予定で部屋に帰って一息ついていたのですが、

そのまま寝てしまい大浴場には入れずじまいでした。

二日目があるのですが、また後日。